車査定とは?

車査定が必要な理由とは?

車買取業者が中古車査定において重要視していることは、お客様の大切な車の下取り・買取価格を適正に査定することであり、買取店にとって適正価格を決定するのは非常に重要な作業になってきます。

では、なぜ適正に価格を査定しなければいけないのかと言うと、自動車はお客様の財産のひとつであることから、査定ミスをしてしまうと、お客様からの信頼を失うことになります。また、査定のミスは買取店にとって大きな損失を招く原因にもなります。そのため、現金を取り扱うのと同じように慎重に査定しなくてはいけないのです。

どうやって車を査定しているの?

疑問になってくるのは、車買取業者はどうやって中古車の査定しているのかということです。上記のように中古車の査定は重要な作業のため、車買取業者によってバラつきが出てきてしまっては大変です。そのため、査定するための基準がちゃんとあるのです。

車買取業者が基準にしているポイントを知ることが出来れば、査定の際に高く売るためのポイントがわかります。

・査定価格の算出方法

以下の順序で査定価格を算出していきます。

・価格査定のプロセス

中古車の標準状態というものが査定の基準になってきます。

1. 外装・内装は無傷であること

2. エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること

3. 車検の残り月数は3か月以内であること

4. 走行キロ数は標準走行キロであること

5. タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上であること

     ※タイヤの溝が1.6mm以下になり、タイヤの限界がきたことを指します。

6. 事故修復歴・損傷減価要因(腐食・臭い)・構造工作等がないこと

・標準状態を基にした加点・減点での査定

上記に示した標準状態とは加点も減点もない状態のことになります。

下取りや買取る車を標準状態に照らし合わせて点検し、それよりも優れている箇所には加点、劣っている箇所には減点を適用し査定します。

下記に例を示します。

【例】

・タイヤ

標準状態 ➡ 残り溝が1.6mm以上5.0mm未満

加点   ➡ 残り溝が5.0mm以上

減点   ➡ 残り溝が1.6mm未満

・車検の残り月数

標準状態 ➡ 3か月以内であること

加点   ➡ 4か月以上であること

このようにして、加点・減点方式で中古車の査定を進めていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする