年式の古い車を売るにはどこがいい?

10年以上乗っている車は年数が経過しているほど、走行距離数が多く徐々に燃費が悪くなってきます。

また、年数が経つほど維持費もかかってくるため、タイヤの交換、車検のタイミングで車を買い替える方が多いです。

そんな時、車を買い取ってもらうか下取りに出すか悩むと思います。

年数が経っているほど下取りに出す人が多いのですが、それは10年以上経つ車に乗っている人は意識的に

「古い車だから高く売れないよな。」

「こんな車売れるのかな?」

と思っている人もいますし、ネットでそのような情報を目にしたことがある人もいると思います。

しかし、そんなことはありません!

年式の古い車でも価値があるため、きちんと調べて売ることが出来れば、思っているよりも高く売ることが出来ます。

なので、諦めて下取りに出すよりも車買取業者に買い取ってもらったほうがお得なのです。

なぜなら、ディーラーに下取りに出すと、ディーラーは車を売ることが本業なので元々下取りに高値はつけませんし、

年式が古ければ整備などにコストがかかるため、安い金額になってしまいます。

そのため、断然中古車も車買取業者に買い取ってもらったほうがいいのです。

では、古い車でも高く売れる理由を見ていきましょう。

日本車は海外での需要がとても高い!

日本の車は車検やメンテナンスをしっかりしている車が多く、10年以上乗っていたとしても状態が良いため海外ではとても人気があります。

海外の人は日本の中古車を20~30年は乗り、走行距離が100万キロになることもあります。そのため、10年以上乗っていた中古車は海外ではまだまだ新しく、状態の良い日本車はとても人気があり高く買い取られます。

日本では、走行距離が10万キロ乗っている車なんて高く売れるの?と思うかもしれませんが、海外で走行距離が10万キロなんてまだまだです。

日本では高く売れない車も海外では人気があるということです。

日本でも10年落ちの車は売られている!

中古車販売店でもネットでも10年以上経っている車は販売されています。

人気がありメンテナンスがきちんとされていた状態の良い中古車は日本でもまだまだ買いたい人がいるため、海外でなくとも国内で売ることが出来ます。

年式が古いから売れないというのは間違った考えで、車の性能や耐久性も年々向上していますし、充分売ることができるのです。

部品が売れる!

もし、事故車などで車として販売ができなくても、車の部品には値段がつきます。

車買取業者は、販売できない車は解体され部品として売ります。

そのため、車として価値がないとみなされても、部品にはしっかり価値があるため売れないと思うような車でも売ることが出来ます。

車買取業者はこんなところからも利益を得ている!?

車を廃車にすると、お金が戻ってくることを知っていましたか?

車は廃車にすれば、未経過分の自動車税や重量税、自賠責保険料が戻ってくるのです。

このことを知らない人は、古い車だから引き取ってもらえるだけで十分だと考えて、お金を貰わずに業者に渡してしまう人もいます。しかし、業者は引き取った車を抹消登録して、戻ってきたお金で利益を得ているのです。

業者はタダで引き取れたら、とてもラッキーなのです。

とても勿体ないことなので、タダで引き渡すようなことはしないでください。

こちらが上記のようなことがわかっていても、年式が古いからあまり値段がつけられないとの言い訳をしてくる業者はいます。

そのため、少しでも多くの業者に見積もりをだしてもらい、きちんと比較をしましょう。

私も、売れなさそうな車を複数店に見積もりしてもらいましたが、安い見積もりと高い見積もりとでは32万の差がありました。

複数のお店に見積もってもらう時は一括査定が便利でしたので、無料ですし是非活用してみてはいかがでしょうか。

一括査定を申し込む※ここから先はカーセンサーのぺージへ移動します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする