事故車の下取り価格はいくら?

事故にあったり起こしてしまった時、事故車を売って車を買い替えようと考える人は多いと思います。

そんな時は、車はディーラーに下取りに出すよりも、車買取業者に査定してもらい買取ってもらったほうが高値が付きます。

では、ディーラーに下取りに出すと何故安くなってしまうのでしょうか?

ディーラーは下取りした車を自社で販売する

ディーラーは下取りした車を自社の整備工場で修理をして販売します。そのため、修理にお金がかかりますし事故車となるとなかなか買い手がつかないため、長期にわたって在庫になってしまうことがあります。

中には、事故車でも下取りに出したのだからディーラーは部品を売って利益を得られるだろうと考える人もいますが、あくまでディーラーは新車を販売するところですので、部品が売れるからといって下取り価格が高くなることはありません。

また、下取りに出した場合、新車の購入価格からいくらか値引きしてくれることがありますが、事故車の場合には購入価格から値引きしてもらえることはほとんどありません。

海外で販売する

あまりにも日本で売れないような事故車は、下取りした事故車を整備工場で修理をしてから、海外に持っていき販売するという方法をとる場合もあります。

しかし、あくまでディーラーは新車を販売することが主な仕事で、下取りした車を販売して利益を得ることが主な利益方法ではないため下取り価格も安くなります。

廃車にしてしまう

あまりにも損傷が激しく、修理をして販売しても利益にならない場合は廃車にしてしまいます。

その場合は、廃車にする費用をディーラー側に支払わなければならないため、値段すらつかなくなってしまいます。

このような理由から、下取りに出してしまうと、車買取業者の査定よりも価格が安くなってしまったり、値段がつかないこともあります。

場合によって、廃車にするための費用を請求されることもありますので、事故車は車買取業者に査定してもらうことをお勧めします。

おすすめの事故車買取業者 ➡ 事故車買取の【タウ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする