廃車手続きの流れが知りたい

事故で車が動かなくなったり故障した場合や盗難や災害で車が無くなったり使えなくなった場合、廃車を考えると思いますが、廃車にするための流れを知らない人も多いと思います。

まず、廃車の正式名称は「抹消登録」と言います。

抹消登録の流れを見ていきましょう。

廃車の手続きはどこで出来る?

抹消登録が出来る場所は決まっています。

抹消登録の手続きは、現住所を管轄する運輸支局で行います。

廃車の手続きには種類があるって知っていますか?

廃車の手続きは、車の解体を行う場合と一時的に車の使用をしない場合とで違いがあり、「永久抹消登録」「一時抹消登録」の2種類に分かれています。

永久抹消登録

永久抹消登録とはすでに解体処理が完了している車にする抹消登録の事で、この手続きを行った場合には二度と車を使用することはできません。

永久抹消登録を行う状態とは、損傷が激しく修復不可能な事故車や、災害で修復不可能になったり、流されてしまい車自体が手元にない場合や盗難に遭った時などが考えられます。

このような場合には、永久抹消登録を行わないと自動車税が毎年かかってくるため早めに手続きを済ませましょう。

永久抹消登録の手続きを行うタイミングですが、リサイクル業者から車の解体完了の報告を受けてから15日以内に手続きを行います。

この際に自動車税、自賠責保険、自動車重量税の還付を受けることが出来ますので、それぞれの手続きも一緒に行いましょう。

一時抹消登録

一時的に車の使用を中止したい場合には、一時抹消登録の手続きを行います。

長期間車に乗らないような状況、例えば、長期入院することになり家族もその車に乗らない時や長期出張、留学などです。盗難に遭った場合には、永久抹消登録ではなく一時抹消登録を行うこともあります。

一時抹消登録の場合、また車を使用したい場合には、中古新規登録の申請をすることによって再度乗ることが出来ます。

この手続きをしておくと、自動車税がかからなくなるため、長期的に使用しない場合は手続きを行ったほうがお得になります。また、自賠責保険料も返金されるため、一緒に手続きを行いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする