楽天オートで一括査定を依頼してみた!評判

楽天オートの体験談を紹介します。

7年近く乗った車を節約のため軽に乗り換えたいと思い、旦那に相談し、まずはディーラーに下取り価格を確認してから次の日の午前中に一括査定サイトから査定依頼を申し込みました。

知人から、査定依頼をした数分後には色んなところから電話がかかってきた!という話を聞いていたので、意を決して申し込みました。

数分後・・・

聞いていた通りに電話が鳴りだしました!

1件目の電話に対応している間も、着信が入っており電話を切る頃にはなんと30件の着信が!!

正直、ビビってしまいました。(旦那の携帯番号にしておけば良かったと少し思いました…)

1件目の電話が終わった後に履歴を見直すと、中には何度も電話をかけてきている業者がいたため、全部で8社から電話がかかってきていました。

何度もしつこく電話をかけてきた業者には査定依頼をしたくなかったので、もうかかってこないように着信拒否をしました。

そこから、1回のみ着信があった2社に電話をかけ、最初に電話がかかってきた1社とあわせて合計3社に見てもらうことになりました。

最初の1社が家に来るまではドキドキです。なにせ知人から色々と話を聞いていたからです。

約束の11時より10分ほど早く1社目の業者の方が来ました。

まず、車を眺め一番初めの一言が

「いくらぐらいで売りたいと考えていますか?」と

それ、いきなり聞いてくるのかよと思ってしまいました。

その後も全然査定金額を教えてくれる気配がなく、旦那がしびれを切らして

「比較がしたいのでいくらぐらいかそろそろ教えてくれませんか?次の方がくるのですが。」

と言った矢先に次の業者の方が来てしまい帰っていきました。

次の業者の方も、雑談を交えて車を査定しながら

「希望買取価格はありますか?」と聞かれました。

1社目の人よりは、ガツガツした感じはなかったのですが、やはり聞かれるんだなと思いました。

ここで、ディーラーに言われた下取り価格である50万よりも高い60万ぐらいと答えると

「うーん…63万円はどうですか?」とのこと。

もう1社もあるから、交渉はしなくていいかなと思い一旦保留にしました。

そして、最後の3社目!

こちらも少し早めに来られました。

車の話をしながら、

「他で査定してもらっていますか?」と聞かれたので

正直に、

「はい。今まで2社に査定してもらいました。」

「金額教えてもらってもいいですか?それよりは頑張りたいと思います。」

ちょっと嘘をつき、

「1社目が63万円で、2社目が70万でした。」

「そうですか…厳しいのですが72万円でいかがですか?」

とのことでしたので、業者は当日即決してくれるお客さんが良いと聞いていたので、

「75万円まで出してくれたら即決します!」

と言ったところ、少し悩んでいましたが

「わかりました!75万円で買い取りいたします。」

これでめでたく売ることができました。

私としては、ディーラーの下取りより25万円もUPしたので満足です。

申し込んだ後の電話攻撃には参りましたが、知人に聞いていた通り一括査定を利用したほうが高く売れることがよくわかりました。

大手の一括査定はおすすめ

電話がたくさんかかってくるのは困るかもしれませんが、一括査定は高値で買い取ってもらえるためオススメです。

また、大手買取業者に依頼するほうが加盟店が多いため、買取店どうしが競ってくれるため高値で売れることが多いのです。

ここで紹介した楽天オートでは車買取店からの連絡方法が電話かメールでのご連絡となっており、こちらから選ぶことが出来ません。

実際には、ほとんどの車買取店は早く買い取りしたいため電話で連絡をしてきます。

一括査定でメール連絡が選べる!

電話攻撃されたくないけど、一括査定を依頼したいという方はこちらのサイトがおすすめです。

➡ カーセンサー簡単ネット査定

※ ポイントとして、必ず以下の手順通りにメール連絡希望と書いてください。

次のページで、車とお客様のより詳しい情報を入力していきます。そして、査定申し込み先から申し込みをしたい店舗にチェックを入れて無料査定を申し込みます。

ここで注目したいのが【お客様に関する情報をご入力ください】の枠の下にある【任意項目】という欄です。

ここをクリックすると下記のような枠が出てきます。

この欄にある【連絡希望時間帯】に、電話に出れる時間を記載しておくと仕事中など電話に出られない時に電話が鳴るといったことがありません。

また、電話連絡が嫌な人は「連絡はメールを希望します。」と記載しておけばメールから連絡をしてくれます。

このように簡単に無料査定を申し込むことが出来ます。

一括査定を申し込む※ここから先はカーセンサーのぺージへ移動します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする